トップ  > ブログ  > 幸せな40歳婚をする為の3カ条

幸せな40歳婚をする為の3カ条

女性の社会進出に伴い40歳婚が多くなっているといわれる現代。。。

「幸せな40歳婚をするための」記事を発見
以下抜粋してご紹介します。

これは結婚のみならず
すでに結婚している人が幸せな結婚生活を続けるためにも重要なポイント!
(今回は40歳婚がテーマですが。。20代30代の方にも参考になるかと思います)



「幸せな40歳婚をするための3カ条」

1.「図々しいおばさん」は魅力ゼロ

女性も40歳ともなると職場では部下が多くなり、管理職になっている人も少なくありません。
仕事に対して自分に自信を持っている年齢と言えるでしょう。

例えば、サービス業の人に対して“横柄”な態度を取ったり、マイルールを人に押し付ける人が多くなってきます。
歳をとったおばさんがやけに図々しくなるのと同じですね。

ところが、同じ40歳でも謙虚で所作が綺麗な女性もいます。お店で買い物をして店員さんに笑顔で「ありがとうございます」と言えたり、受け答えがエレガントでしっとりとしている人は何歳になっても変わらず美しく魅力的です。当然男性はその所作に惹かれます。
 

2.いい大人になのに炊事・洗濯・家事能力ゼロでは絶望的

仕事はできるのかもしれませんが、家事はまったくダメ、というのは残念ですが、40歳婚は無理ですね。20代の若い“おじょうさん”ならまだしも、結婚して一緒に生活してもお荷物になるだけだと見捨てられても仕方ありません。

1人だからと言って好き勝手なライフスタイルを送っている独身女性は少なくありません。コンビニや外食づくしだったり、実家の母親を頼って、年齢にそぐわない幼稚な私生活を贈っていませんか?

今の世の中、食べたいものはコンビニやレストランで調理いらずで食べられるし、家事は家事代行を頼めばいくらでも一人で生きていけます。それには性別に差はないことですが、それでも男性が結婚したいと思うのは、一人で生きていくより妻という名の女性とともに歩みたい、妻に「温かい家庭」を守ってほしいというところがどうしてもあります。40歳で結婚を目指すのであれば、最低限の家事は身に着けてほしいスキルです。
 

3.些細なことで不機嫌になる人はしんどい

婚活の現場で山ほど見る光景なので実際の例を挙げてみましょう。私は結婚相談所のアドバイザーとして同じ男性に、2人の女性に紹介しました。

お見合いのあと、1人目の女性にヒアリングをしたところ、「あの男性は、仕事のグチばかり言うし、遅刻をしてきたのに申し訳なさそうにする様子でもなくふてぶてしくて嫌です!」と言ってお断りの申し出でした。

2人目の女性は「仕事熱心で誠実そうな、とても素敵な男性でした! ぜひ交際したいです」と交際の申し出でした。

同じ男性でもこんなに印象が違うものかしらと思い、男性にも話を聞いてみると、「2人ともに同じ話をした」「1人目のお見合いは、遅刻ではなく、一応時間ぴったりにはついていた」と言うのです。人それぞれに好みはありますが、「もしかして、それぞれの受け取り方の問題なのでは?」と思えてきませんか?

実際、1人目の女性は、自分が待ち合わせ時間よりも前に来ていたのに、男性が後から来て待たせるなんて許せない、と思っていたようです。そして、仕事の話も2人目の女性は「仕事について熱心に話してくれて嬉しかった」と言ったのに対し、前者は「仕事の愚痴ばかり押し付けてくる」と受け取ったのです。

どうでしょうか? 結婚生活が始まれば、毎日毎日顔を合わせます。些細なことでいちいち不機嫌になる女性と、一緒に過ごしたいと思うでしょうか? 当然ながら、それは交際中、恋愛中はもちろん、お見合い中であっても見破られます。相手を尊重し、包み込むようなやさしい気持ちを持ちましょう。

40代やアラフォーでは結婚できないというのは年齢のせいじゃない!

 

[ ブログ ]

Brilliant Woman Project
 Produced by Coco rose

〒 810-0003

福岡市中央区春吉1丁目13-20-409

TEL:092-724-3541